フロアコーティングの選び方とは?種類や選ぶ際の注意点を解説!

公開日:2024/05/15

フロアコーティング

家を美しく保つためのフロアコーティングは、ただ選べばよいというものではありません。耐久性、見た目の美しさ、メンテナンスのしやすさなど、多岐にわたる要素を考慮する必要があります。この記事では、フロアコーティングを選ぶ際の基準と注意点、種類ごとの特性、そして新築住宅の内覧会でのチェックポイントについて詳しく解説します。

フロアコーティング選びの基準と注意点

フロアコーティングを選ぶ際には、耐久年数や傷の付きにくさ、光沢感、滑り止めの効果など、さまざまな特性を比較検討することが重要です。耐久年数はコーティングの寿命を示し、家の使用頻度や将来のリフォーム計画と照らし合わせて考慮する必要があります。傷の付きにくさはとくにペットを飼っている家庭や小さな子どもがいる家庭で重視すべき点です。

光沢感は見た目の美しさに直結し、空間の雰囲気を左右するため、インテリアとの調和を考えて選ぶとよいでしょう。滑り止めの効果は安全性に関わるため、とくに高齢者がいる家庭では重要な検討材料です。さらに、コーティングの選択にあたっては、メンテナンスのしやすさも考慮する必要があります。

定期的なワックスがけが不要なタイプや、汚れが付きにくく掃除が容易なものなど、日々の手入れの負担を減らせるコーティングを選ぶと、長期的に時間と労力を節約できます。また、コーティング材には有害物質を含まない環境に優しいものもありますので、小さな子どもやペットのいる家庭では、そのような健康面にも配慮した商品を選ぶことが望ましいでしょう。

複数の業者から情報を得ることで、偏った選択を避けられます。見積もりやサンプルを比較することで、価格だけでなくサービスの質や保証の内容も検討できます。自分のライフスタイルや家族構成に合ったコーティングを選ぶことが、後悔しないための第一歩となります。

たとえば、子どものいる家庭では、非毒性であることや、アレルギー対応のコーティング材を選ぶことが重要です。また、将来的に家具の配置変更やリフォームを考えている場合は、再コーティングのしやすさも考慮に入れるべきでしょう。

最終的には、コーティングを施すことで得られるメリットとコストを天秤にかけ、長期的な視点で最も合理的な選択をすることが重要です。専門家の意見を参考にしながら、自宅の床を守り、美しさを長持ちさせるための最適なフロアコーティングを見つけましょう。

フロアコーティングの種類と特性の理解

フロアコーティングにはさまざまな種類があり、それぞれに独自の特性と利点があります。UVコーティングは紫外線を使って硬化させるタイプで、施工時間が短く、耐傷性や耐薬品性に優れているため、商業施設や病院などの高い耐久性を求められる場所に適しています。

しかし、その分、コストが高くなる傾向にあります。ハードガラスコーティングは、その名の通りガラス成分を含んでおり、非常に硬い仕上がりが特徴です。耐熱性や耐久性に優れており、キッチンまわりや玄関などの高い耐摩耗性が求められるエリアに適しています。

また、光沢があり、見た目の美しさを長期間保てます。水性コーティングは、溶剤を使用しないため環境に優しく、施工時の臭いが少ないのが特徴です。価格が手頃であるため、住宅用途に多く用いられますが、耐久性が比較的低いため、頻繁なメンテナンスが必要になることがあります。

しかし、安全性が高いため、小さな子どもやペットがいる家庭には適しています。オイルフィニッシュコーティングは、木の自然な質感を生かしながら保護できるため、ナチュラルな仕上がりを好む方に適しています。メンテナンスが比較的容易で、小さな傷ならば自分で修復できます。

ただし、水分には弱いため、水をこぼす可能性のある場所での使用には注意が必要です。これらのコーティングの種類を理解し、自宅の環境や使用条件、さらには予算や見た目の好みを考慮して、最適なフロアコーティングを選ぶことが大切です。

たとえば、高い耐久性と美観を求める場合はハードガラスコーティングが、コストを抑えつつ環境に優しい選択をしたい場合は水性コーティングが適しているでしょう。また、施工後のメンテナンスのしやすさや、将来的なリフォームの可能性も考慮に入れることが重要です。専門家のアドバイスを参考にしながら、自分のライフスタイルに合ったフロアコーティングを選びましょう。

新築住宅の内覧会でのチェックポイントと持ち物リスト

新築住宅の内覧会では、フローリングの状態をはじめ、建具のズレや床のきしみなど、細部にわたってチェックすることが重要です。持ち物としては、図面、水平器、マスキングテープ、懐中電灯などが必要になります。また、気になるところは写真に撮り、すべて書面に残しておくことで、後のトラブルを防げます。

まとめ

フロアコーティングは、見た目の美しさだけでなく、日々の生活を快適にするための重要な選択です。耐久性やメンテナンスのしやすさ、コストパフォーマンスなど、多角的に考慮し、最適なものを選ぶことが重要です。また、新築の内覧会では、将来的なフロアコーティングのためにも、細かなチェックを行い、住宅の状態をしっかりと把握しておくことが望ましいでしょう。

【大阪府】おすすめのフロアコーティング業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名YUKAPIKA関西株式会社COLOR株式会社グッドライフエコプロコート株式会社森のしずく(株式会社ゆはかのこ)
おすすめポイント確かな技術と顧客第一の思いが生み出す、高品質のフロアコーティング品質にこだわり妥協はしないをモットーに、こだわり続けるコーティング専門店フロアコーティングランキングで三冠達成。プロが仕上げる安全な素材快適空間でみんなを笑顔に。12万件以上の施工実績をもつ信頼のある会社アフターメンテナンスの充実保証。明確な料金で安心できる業者
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索